アトリエ・ショールーム 露草

 

屋号である「露草」は またの名を「青花」といいますが、その花の絞り汁が着物の下絵に使われる事から、
物作りの基礎から関わりたいという想いと また何処にでも咲く親しげな露草のように
ささやかで身近な刺繍でありたいと、二十数年前 刺繍を自分の生業にと心に決めた時に名付けました。

このささやかな空間が 末長く皆様に 着物や刺繍に親しんで頂ける場となりましたら幸いでございます。

 

2011年12月吉日 日本刺繍 露草 三原佳子

 

[2011年にopenした杉並・井荻の日本刺繍 露草アトリエショールームは移転のため、

2017年1月閉店いたしました。移転作業や出張の為 少しお休みいたします。

2017年4月からは神楽坂の路地裏の『一水寮』という有形文化財の古建築の2階で新にスタートしております。]

 

<取扱作品>

●刺繍帯 ●刺繍付下 ●刺繍袱紗 ●江戸小紋 ●本場結城紬 ●久留米絣 ●生紬 ●真綿紬 ●紗紬

●オリジナル羽織衿コート●久留米木綿の仕事着・仕事袴 ●刺繍仕覆 ●茶箱 ●着付小物 ●履物

その他作家作品●●丸山正の着物と帯 菅岡久美子 SUGAの帆布バッグ ●宮﨑千佐子の仕覆 ●小川昌美の日本の布の衣のショール ●永瀬二郎の建水 ●その他器作家作品

●期間限定 うつわ松室 器展示

                                           など

日本刺繍 露草

2017年4月より

〒162-0831 東京都新宿区横寺町31-13一水寮201号室

営業時間
13:00-20:00 (要予約) Tel.03-5579-8284 Fax.03-3269-1875

営業日
不定休(出張や制作の都合がございますので、

ご来室前にお問い合せ下さいますようお願い申し上げます。

また古建築のシェアアトリエの為、フリーのご入館は規約で禁止されております。

必ず事前にご予約お願い申し上げます。)